月別アーカイブ: 1月 2014

展示会スタッフはなぜスーツではダメなのか?


先日、ビッグサイトで開催された「東京デザイン照明展」に行ってきました。
「空間を彩る」という意味で私の專門である制服とも関連性が高く、非常に興味深く、そして最先端の技術に驚き、楽しむことができました。

そんな照明の展示会でも、やはり気になるのが各ブースで説明をしているスタッフの服装。いわゆる職業病ってやつですね・・・。

今回、あくまで私が見て回った範囲での話ですが、やはりスーツを着て説明をしているブースが多く感じられました。スーツが悪いとは言いませんが、お客様が大勢来られているブースでは来場者も展示ブースのスタッフも同じスーツだとスタッフを見つけるのに時間がかかります。一応ネームプレートなどはしていますが、会社のロゴ入りブルゾンなどを着ていればすぐにわかるのに・・・と少々残念に感じました。

展示会では各ブースにたくさんの来場者が訪問しますので、来場者なのかスタッフなのかがすぐにわからないと、来場された方が話を聞きたいと思っていても、誰に声をかけて良いかわからず帰ってしまうことが多くなります。出展企業は多くの方への自社の商品やサービスをアピールすることが目的で高い出展料を払っているわけですから、数万円のスタッフジャンパーをケチったばかりに数百万円、数千万円の商談のキッカケを逃していたとしたら・・・・。

そんな残念なことにならないよう、経験、実績知の豊富な弊社にご相談下さい。ユニフォームを通して効果の上がる展示会のサポートさせていただきます。お気軽にご相談下さい。
スイングトップのスタンダードモデル「トラッドカジュアルスイングトップ」
黒がないのが非常に残念ですが、生地の風合いはかなりいい線いってます。


価格を抑えた内ポケット付きベーシックモデル「ベーシックスイングトップ」
表生地のグレードを下げて価格を抑えたベーシックモデル。風合いは少し
劣りますが、内ポケットがついていて仕事着としては充分。


スイングトップを裾ふらしにカスタマイズド「プリンタブルスイングトップ」
スイングトップの特徴でもある裾のジャージをなくしストンと落ちるデザインに
カスタマイズされたスイングトップ。細身のシルエットがスタイリッシュ。



高級素材の品位と着心地 「T-400フォーマルストレッチスイングトップ」
いわゆる生地の「戻り」に定評のあるストレッチ素材T-400を使用し、シワに
なりにくく、動きやすさも兼ね備える高級な風合いのスイングトップブルゾン。

商談や営業に着られる大人のブルゾン

プレミアムスイングトップ

これからご検討される方には企業様には
無料でサンプルの貸出も行なっております。
ぜひ、この機会にご利用下さい。

↓詳しくはこちら↓

法人向けサンプル貸出サービス



お気軽にお問い合わせ下さい、
企業制服コンサルタントがやさしくお答えします。


ユニフォームカンパニー福島産業株式会社

タグ: , , , , | コメントをどうぞ

新年のご挨拶 2014

新年あけましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になりました。
お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?

弊社は本日より仕事始めとなります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成26年1月 6日
サカエ福島産業株式会社
代表取締役 福島  栄次

ユニフォームカンパニー

コメントをどうぞ