月別アーカイブ: 12月 2014

ブルゾン?ジャンパー?髙倉健も愛したスイングトップの正体とは?


いきなりジェームス・ディーン。いや~しかし今見てもかっこいいですね~。

さてジェームスディーンといえば映画「理由なき反抗」の時に着ていたこの赤いスイングトップがあまりにも有名ですが実はこれ正確にいうとスイングトップではないんです!!

えーーーーー?!っと思った方も多いでしょうが本当なんです。

そもそもスイングトップというのは「VAN」創始者の石津謙介さんが命名したとされる品。ラグランスリーブである点や、カフス袖口、逆玉縁ポケットなどの特徴を持つジャケット。

よって「スイングトップ」と呼べるのは正式にはVANの商品だけなのです。

ちなみに映画「理由無き反抗」でジェームスディーンが着ていたのはアメリカのスポーツ衣料ブランド「McGREGOR(マックレガー)社」のナイロンアンチフリーズと呼ばれるものですが、日本ではすっかりスイングトップとして認知されてしまっているのが現状のようです。

では、本当のスイングトップとは一体なんなのか?

みんながスイングトップと呼んでいるブルゾンの原型は?

・・・・・・その答えはイギリスにありました。

全てのジャケット、ブルゾンの原型と言われているブルゾンがあったのです。

その名も・・・・

BARACUTA(バラクータ) G9

バラクータG9は現在の全てのスイングトップ、ブルゾンの原型とも言われるモデルで1948年に考案されました。著名人の愛用者も多く日本人では先日亡くなった昭和の名俳優 髙倉 健さん、海外ではアーネストヘミングウェイ、スティーブマックイーン、フランクシナトラ、などは特に有名でだそうです。

デザインの特徴をあげると

■袖口と裾はニット使い

■ポケットは斜めのフラップ付きのもの

■衿はボタンを留めて立ち衿になる

つまり私たちはこのようなタイプのブルゾンを
総称として「スイングトップ」と呼んでいるのです。

さて、そんな全てのブルゾンの原型と言われる
バラクータG9を再現したユニフォームをご紹介。


【究極の営業ブルゾン】できる大人のスイングトップ
プレミアムスタイリッシュスイングトップ

本家のバラクータG9にも負けずとも劣らない、スーツさえも凌駕する上品な質感とスタイリッシュなデザインが、出来る大人だけが持つ信頼感を演出。本物の大人だけが着ることを許される本物のためのビジネスユニフォーム。


【究極の営業ブルゾン】できる大人のスイングトップ
プレミアムスタイリッシュスイングトップ



スイングトップのスタンダードモデル「トラッドカジュアルスイングトップ」
黒がないのが非常に残念ですが、生地の風合いはかなりいい線いってます。




価格を抑えた内ポケット付きベーシックモデル「ベーシックスイングトップ」
表生地のグレードを下げて価格を抑えたベーシックモデル。風合いは少し
劣りますが、内ポケットがついていて仕事着としては充分。


高級素材の品位と着心地 「T-400フォーマルストレッチスイングトップ」
いわゆる生地の「戻り」に定評のあるストレッチ素材T-400を使用し、シワに
なりにくく、動きやすさも兼ね備える高級な風合いのスイングトップブルゾン。

商談や営業に着られる大人のブルゾン

プレミアムスイングトップ

これからご検討される企業様には
無料でサンプルの貸出も行なっております。
ぜひ、この機会にご利用下さい。↓詳しくはこちら↓

コメントをどうぞ