月別アーカイブ: 5月 2013

夏ユニフォーム150名分、出荷完了!

今日は、関東の企業様へ150名分の出荷させていただきました。
2月からお客様と打ち合わせを重ね、ようやくお届けできる日が来ました。

実は衣類は意外に重く、肋骨にヒビが入っている私にはかなり辛かったですが、
このユニフォームが、社員の皆様のお仕事のお役に立つことを想像すると
なんだか子供を送り出すような気持ちになり、辛いはずの出荷作業も楽しくなります。

「みなさんの役に立つんだぞ~!」

と、わが子を送り出すような気持ちで感動。

また冬の制服の出荷に向けて準備を進めます!

コメントをどうぞ

【クールビズ】だらしないポロシャツにならないために

こんにちは、企業制服コンサルタント福島です。

昨今、クールビズと言えばポロシャツが事実上の定番となっていますが
ワイシャツのネクタイを外しただけ状態のほうがマシではないだろうかと
思っていまうほど、だらしなく見える残念な方も見かけます。
今日はそんな「だらしないポロシャツ」にならないためのお話です。

■衿がだらしないと全てが台無しに
ポロシャツといえばやはり最大のポイントは衿。
衿を制するものはポロシャツを制すと言っても過言ではありません。
何と言っても顔のすぐ下にありますから、視線が集中するので
見る人の印象に大きく影響します。

 

 

 

 

 

 

 

上の2枚の写真を比べてみると一目瞭然。
左のだらしなくはだけたポロシャツの衿に比べ、
右のポロシャツはキチンとした印象をうけますよね。
ポイントはやはり「ボタンダウン衿」
衿がしっかり立っているだけで、こんなにも印象が変わるのです。

■丈は短め、長めなら思い切ってイン
次に大事なポイントはポロシャツの丈(裾の長さ)
丈が異常に長いとトップスとボトムのバランスが悪くなり
だらしなくみえてしまいます。
だた、ファッションアパレルでは丈の短いポロシャツが
ほとんどですが、ユニフォームアパレルの場合は仕事着という
性質上、かがむと背中が出てしまうような丈のポロはありません。
なので、あまりにも長いポロシャツが会社から支給された場合などは
思い切ってパンツにインしてみるのも、だらしなくならない方法の
ひとつと言えるかもしれません。

■それでもポロシャツは着たくない
ポロシャツは動きやすいし涼しくて、着心地が良いのはわかっているけど
商談などに行く時は、やっぱり抵抗がある・・という方も多いですよね。
確かに、どんなにキチンとしたところでポロシャツでは相手に失礼になる
職場環境があるのも事実です。そんな方には見た目はシャツなのに
吸汗速乾でストレッチ、快適な着心地はまるではポロシャツそのもの
「Zシャツ」がオススメ。

東洋紡が特許取得した特殊なニット素材「Zシャツ」
シャツの見た目とポロシャツの機能性の両立、
動きやすさや快適さに加え、洗って干すだけの
ノーアイロンも実現した魔法のようなシャツ。
ポロシャツは着たいけど、抵抗があるという方に
まさにうってつけのシャツなのです。

■クールビズまとめ
ひとことで「クールビズ」と言っても、やはりTPOに
合わせたアイテム選びやコーディネートが必要で、
サービズ業など、接客要素の高い業種は特にだらしなく
見えない配慮が必要になります。いくら衿がキチンとしていても
ポロシャツのポケットにたくさんペンがささって、ポケットが
だらんと伸びていたりすると、やはりだらしなく見えてしまうので
無理にポロシャツにせずに、涼しい素材のシャツにするなど、
自分たちの着用環境や業務内容をしっかり考慮することが
重要といえるのではないでしょうか。

**********************************

これからご検討される方には
無料でサンプルの貸出も行なっております。
ぜひ、この機会にご利用下さい。


ユニフォームカンパニー福島産業株式会社

タグ: , | コメントをどうぞ